2016-08-25から1日間の記事一覧

『苦役列車』感想 落語の「人間の業の肯定」に通じるものを感じた

苦役列車は、当時西村賢太さんが芥川賞を獲ったときにさらっと流し読みした程度で、そのときは「なんだかお下品な小説だなあ…」くらいにしか思っていませんでした。 その後映画版も見ることはなかったのですが、今回たまたま映画の苦役列車を見ることができ…